生活支援相談員に関する資料

 新潟県中越地震では、一般の仮設住宅に初めて生活支援相談員が配置されました(※)。阪神・淡路大震災の教訓を踏まえ、復興基金の中に、生活支援相談員配置というメニューを作りました。配置されたのは、長岡市、山古志村、川口町、小千谷市、十日町市、栃尾市、見附市、魚沼市の8市町村(現在、山古志村と川口町は長岡市に合併している)。

 期間は平成17年1月から平成21年度まで。ただし、平成17年1月~3月までは緊急雇用事業を活用して支援を行いました。

 

※阪神・淡路大震災でも似たような職種が配置されていますが、これは、高齢者・障害者向けの仮設住宅に配置されたものであり、一般の仮設住宅には配置されていません。

被災者生活支援対策事業「生活支援相談員配置」
生活支援相談員の事業内容を記したもの(新潟県中越大震災復興基金)。
被災者生活支援対策事業.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 110.7 KB
中越大震災復興基金事業メニューの概要
メニューの中に、生活支援相談員配置事業がある。
中越地震 (財)新潟県中越大震災復興基金 事業メニューの概要.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 153.9 KB

 

サポートセンターに関する資料

Twitter